FC2ブログ
最新記事
浴衣クリーニングが大好評です!! Sep 04, 2019
保管料について Aug 14, 2019
スラックスの股間部分の尿による黄ばみもお任せください(^_^) Jul 31, 2019
Tシャツの襟の黄ばみもきれいに出来ますよ!! Jul 17, 2019
オープンして10日間で全国宅配クリーニング部門7位に!!? Jul 10, 2019

7月31日(水) ズボンクリーニングやネクタイのお話


おはようございます。
本日はとても蒸し暑くなりそうです。
ただ今の湿度が81%で温度が26℃。
先が思いやられますね。
しっかり体調管理にだけはお気を付け下さい。
では本題に行きたいと思います。

たくさんのズボン仕上げ後
CIMG3023.jpg
このように夏場は特にですが、ズボン類が集中して出ます。
仕上げた後はこのように、冷風でいったん冷やして、中の蒸気を抜く作業をします。
そうすることにより、後からしわになったり、袋から開けたら蒸れていたということがないようになります。




ここでワンポイントアドバイス

ズボンの汗が気になる方は、クリーニング屋さんに出すときに「水洗いで可能ならばお願いします。」と一言付け加えてみてください。
そうすることにより、普段はドライでしか行わないところ、水で洗ってくれる場合が増えるからです。
そのクリーニング屋さんにより、水洗いは追加料金がかかるところがあるかもしれませんので、念のため確認してみてからにしてください。





ネクタイアイロン前
CIMG3017.jpg
こちらのネクタイは他のに比べて特にしわがすごかったので、アイロン前後をみていたきたいと思い載せてみました。

アイロン後
CIMG3018.jpg
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、きれいになったと思います。
こうやって見ると、ただアイロンで押しただけのように見えるかもしれまんが、そうではありません。
ネクタイは、強く押してしまうと、繊維が潰されて、風合いがかわって無惨な状態になってしまうんです。
しかも、黒の素材だと、テカリも出てきて、よくありません。
こういうことがないように、アイロンを浮かしながら、直接触れない程度に掛けるのに神経を使うんです。
そういったところに着目していただけると、幸いです。


麻素材のワンピース仕上げ前
CIMG3019.jpg

仕上げ前 袖部分
CIMG3020.jpg

仕上げ後 袖部分
CIMG3021.jpg

完成
CIMG3022.jpg
ぶれてしまいましたが、無事に完成になります。
麻は綿と同じく伸びにくいので、家庭で掛けるときは、水を掛けながらやると伸びやすくなります。
一度お試しください。


では本日はこの辺にて


渡邊隆徳



余談

先日載せたふくしまグリーンキャンパスの参加者が非常に少ない状況です。
どなたか参加できる方は、連絡お願いします。
少ない状況が続くと活動自体難しくなってしまいます。
同じプログラムを東京でやると毎回100人くらいの方が集まるそうです。
私も見ていますが、携帯ばかり使うようになった今の世の中とは違う、昔ながらの遊びが味わえます。
そんな今の状況を少し変えて、子供の感性をもっと伸ばしてあげるお手伝いを親御さんにはしていただきたいです。
場所が変わる前までは、最低20人のお子さんが参加していました。
場所が変わってわかりにくくなったのが原因なのもあると思いますので、その時は私でも当日連絡先の櫛田さんにでも連絡いただければ、ご説明させていただきます。
安達の昭和自動車整備工さんの向かいにあります。
宜しくお願いします。


こどものにわ


わたしは昔から槇原敬之も大好きでよく聞いています。
この曲はご存知の方は少ないかもしれませんが、心にしみわたる大好きな曲です。


↓↓↓をクリックしてみてください。


ANSWER 槇原敬之




fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月30日(火) 毎月1,000人の方に見ていただいています。

おはよございます。
朝から湿度85%と大変な蒸し暑さな二本松です。
一昨日は、聖光学院が9回裏2アウトまで負けていてからの大逆転劇に興奮しました。
まさか聖光がとみんな思ったでしょう。
それぐらい、県内では絶対的な王者ですから。
高校野球はさわやかですね。
あれぐらい県内の天気もさわやかになってほしいと思う今日この頃ですといったところで本日の話題に行きたいと思います。

ひらいしやのブログランキング
CIMG3013.jpg
ひらいしやのブログがただ今こんな順位になっています。

毎月のアクセス数
CIMG3016.jpg
このように毎月1000人以上の方にとうブログを見ていただいています。
総アクセス数も2000を越えました。
私はもっともっと多くの方に見ていただきたいと思っています。
見ていただいて、クリーニング屋がどんなことをしているのかをもっと知っていただきたい。
気持ちが少し元気になってほしい。
少しにこっとしてほしいと思っています。
そんなブログを作っていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。




ドレス完成
CIMG3015.jpg
ドレスは当店の人気になったんじゃないでしょうか。
毎日のようにたくさん出していただいています。
一点一点汚れ落としと手仕上げしております。
是非ともご利用してみてください。


はっぴ完成
CIMG3012.jpg
こういったはっぴ類もクリーニングしています。
もちろん、手仕上げです。
これからの季節に大活躍ですね。

ダウン完成
CIMG3002.jpg
ダウン類も毎日出ています。
当店はこのように収納に便利なたたみ仕上げになっております。
是非ともご利用くださいませ。

ダウン完成②
CIMG3003.jpg

ダウン完成③
CIMG3005.jpg


ジャンバー完成
CIMG3004.jpg
こういったスポーツジャンバーもたたみです。

本日はこれにて終了です。

見ていただいてありがとうございました。


渡邊隆徳


余談

これもアルバムの中の曲なのですが、名曲です。
これも聞くと切なくなります。
アルバムを買って初めて聞いた瞬間から今までずっと大好きな曲です。

↓↓↓をクリックしてみてくだい。


つよがり ミスチル





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月28日(日) プライベート話

雨が降ったりやんだりの本日ですが、お休みはいかがお過ごしですか?
昨日は、ベニマル店が雷の影響で、停電になり、営業が一時ストップになりました。
その近辺も同じく停電で、信号も一時作動していませんした。
そんな風景を見ていたら、震災の時を思い出しました。
引き続き、雨にご注意ください。

本日と明日は工場直営店は休みになります。

今は、高校野球を見ながらブログを書いております。
もしかすると、ここ最近の絶対王者 聖光学院がもしや敗退かといった状況です。

話は変わりますが、明後日の火曜日と水曜日は下の写真にあるように活動があります。

参加出来る方は問い合わせ先に連絡してみてください。

私は仕事のため、お手伝い出来ないのですが、様子を見にだけ行かせていただくかもしれません。




こどものにわ


渡邊隆徳


7月27日(土) 身だしなみときもの系のお話 

おはようございます。
本日も蒸し暑い日が続いています。
こういった暑さが連日続くと徐々に体にこたえてきますね。
気持ちだけはしっかりしていきたいと思います。
では本日のクリーニングの話題に行きたいと思います。


長襦袢のアイロン前

CIMG2987.jpg
長襦袢も今の時期は集中して出ます。

アイロン中
CIMG2988.jpg
アイロン台と馬というを使って手アイロンしていきます。
こういったものは絹のものが多いため、上から強く推してしまうと、風合いが変わってしまうため、慎重に掛けていきます。

完成
CIMG2989.jpg
かけた後はこうやって自然の状態で何日か放置します。
その後はたたみで仕上げていきます。

マフラーアイロン前
CIMG2992.jpg
こちらは大きなマフラーですね。
これからアイロン掛けします。

仕上げ後たたんだ状態
CIMG2993.jpg
このようにマフラーは仕上げた後たたみ仕上げになります。


仕上げ後のマフラー
CIMG2994.jpg
こちらはしわ加工が入ったマフラーでアイロンをあまりかけない方がいいものです。


アイロン前のゆかた
CIMG2996.jpg

完成
CIMG2997.jpg
ゆかたはこんな感じで仕上がります。
では次に部分的に詳しく説明したいと思います。


こちらもアイロン前のゆかた
CIMG2998.jpg

近くで見ると
CIMG2999.jpg
こういったしわがあちこちにあります。
これは綿プレスという機械で第一段階を終えた時に出来るしわです。
こういった部分を手でアイロンを掛けて修正していきます。

修正後
CIMG3000.jpg
こういう感じできれいになっていきます。

次に進もうと思ったら
CIMG3001.jpg
シミがみつかりここでしみ抜き工程に移りました。

こういったこともよくありますので、クリーニングに出す際には時間に余裕をもって出すことをお勧めします。
どうせ出すなら、しっかりクリーニンングしてもらった方が得ですよ。

きものの帯のアイロン中
CIMG3006.jpg

完成
CIMG3007.jpg
こんな感じで完成になります。


仕上げ後のセーラー上
CIMG3009.jpg
こちらは最近多く出ます。

アメリカにある大学の心理学の先生のお話です。

その先生は明日からテストになると必ず生徒にいう話があるそうです。
「この大切な試験のために、きちんとした服装をすることだね。新しいネクタイを買いたまえ。ズボンをプレスして、靴も磨いておくことだ。外見がシャープだと、考え方もシャープになるもんだよ」

つまり、肉体的な外観は、内面にまで及ぶってことを言いたいのです。

外見より中身だと決めつけずに、こういった考え方も参考にしてほしいと思います。


ではこのへんで失礼します。

良い週末をお過ごしください。


渡邊隆徳


余談

われらバルサの天敵、ロナウドですが、この人はなんだかんだ言ってもスーパースターです。
メッシと同じ時代に生まれてしまったのは不運なのかもしれませんが、この人のシュートは魅せます。
ヘディングといい、ミドルといい、フリーキックといい、ドリブルといい欠点が見当たりません。
そして、悔しいかなイケメンです。
今回は女性の方も喜んでいただけるんじゃないかと思いますよ。
男性の方は、とにかくすごいスーパープレーを見てみてください。

↓↓↓をクリックしてみてください。

クリスチアーノ・ロナウドのスーパープレー集


fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月26日(金) 毛布や布団のひらいしやのこだわりとは・・


おはようございます。
蒸し暑い日が続いていますが、気持ちは負けないで張り切っていきましょう。

では本日の話題に行きたいと思います。

工場店にある毛布
CIMG2976.jpg
こちらはすべてインター店のものです。
インター店では去年毛布置き場を増設したのですが、それでも置ききれない毛布はこうやって工場店に保管してあります。

当店の毛布のこだわりは


・温水洗いで汗汚れを徹底除去
・低温長時間乾燥で生地の負荷を極力なくし、風合いがふっくら仕上がり寝心地抜群にいいです。
・一日寝かせて中にたまった熱気を除去し、カビなどの原因を無くします。



こういったところです。
是非一度ご利用くださいませ


ヒダスカート仕上げ中
CIMG2977.jpg
このようにヒダを一本一本手アイロンで掛けています。
なので、ヒダがあるだけ時間がかかります。

出来上がり
CIMG2978.jpg
こうやって一枚のスカートが仕上がります。


綿のワンピース仕上げ前
CIMG2979.jpg
こちらは大変時間がかかりました。

完成
CIMG2980.jpg
綿は伸ばすのに一苦労するのと、ウエストに掛けてのラインがとっても苦労しました。


仕上げ前のワンピ―ス
CIMG2981.jpg

よく見るとシミが
CIMG2982.jpg

しみ抜き後はきれいに
CIMG2983.jpg
しみ抜きできれいになってくれました。

仕上げ中
CIMG2984.jpg

完成
CIMG2985.jpg
このように一枚ですが、大変時間をかけて行っております。
とことんきれいに、そしてお客様に気分よく着てほしいというのが当店のこだわりです。


まだ出ますよ、ダウン
CIMG2986.jpg
今の時期になると少なくはなりましたがでます。


本日はこれにて終わりにしたいと思います。


見ていただきありがとうございました。


渡邊隆徳


余談

こちらはミスチルでもアルバムの中に埋もれていて好きな人じゃないとわからないという名曲になります。
せつないですが、いい歌ですよ。

↓↓↓クリックしてみてください。


CANDY




fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング


7月25日(木) きものクリーニングや顔料の扱い方について


朝から雨が降る二本松市よりお送りします。
おはようございます。
本日は一日蒸し暑い天気になりそうです。
週の半ば、気持ちだけは前向きに行きましょう。
では行きたいと思います。

ジャンバー仕上げ後
CIMG2968.jpg
昨日は水洗いしたジャンバー系が多かったです。
当店はこういったものは基本水洗いに掛けます。
水洗いでも落ちなかった場合は、再度ドライやしみ抜きをしてまた洗い直し、徹底して汚れを落としていきます。

きもの仕上げ中
CIMG2969.jpg
きものもこの時期になると多く出てきます。
これらもひらいしやクリーニングの工場で洗って、仕上げもしています。
こういった馬というアイロン台を使って、生地に極力負荷を掛けないよう手アイロンでふかしながら掛けています。

金色の顔料
CIMG2970.jpg
きものにはこういった顔料が付いているものが多く、これを直接アイロン掛けしてしまうと、それが熱によって取れてしまう場合があります。
なので、この部分には当て布をして、直接かけないようにします。



ここでワンポイントアドバイス

こういった顔料を使っているものは、基本熱に弱いので、家庭で洗うときはなるべく水温を低くして洗った見てください。
アイロン時は、上に載せたように、当て布をして掛けてください。

※顔料といいましたが、アップリケのような高温でねばしてある素材もこれに当たりますので、気を付けてください。アップリケのようなものは、よくスポーツウエアなどに使われていることが多いです。





完成
CIMG2972.jpg
相当の時間をかけてようやく一枚のきものが完成します。
これは、アイロン掛けした後に残った蒸気を抜いている状態です。
これをしないと、後からカビなどの原因になってしまうのと、形をきれいな状態に記憶させるためです。
最低一日寝かせて、たたみ作業に入ります。

きものアイロン前2
CIMG2973.jpg
こちらもきものの仕上げ前です。

完成
CIMG2974.jpg
こちらもこうやって一日寝かせてたたみになります。


学生服完成
CIMG2975.jpg
今の時期は休みに入ったため、こういった学生服も多く出ます。


では本日はこの辺で失礼します。


渡邊隆徳


余談
昨夜、バイエルンとバルセロナの練習試合がありました。
これはただの戦いではないのです。
バイエルンの監督はグアルディオラで、一昨年まで自分が率いていたバルセロナとの対戦だったのです。
グアルディオラといえば、史上最強のサッカーチームといわれたバルサを作った張本人で、メッシを覚醒させた人でもあります。
その人が作り上げた今のバルサと、新たに作り直したバイエルンとの勝負とあって注目が集まりました。
結果はバイエルンが2-0と勝利しました。
しかし、その試合にはイニエスタやシャビなどが出なかったため、本来のバルサではなかったのですが、今年もバイエルンは熱いチームとなりそうです。

メッシとグアルディオラの関係性がわかる仲睦まじい映像です。
↓↓↓
メッシとグアルディオラ


最近毎日聞いている大好きな曲です。
「君といる毎日がなんだかんだいって嬉しい」って部分が胸に響いてきて、とってもいい曲ですよ。

↓↓クリック
ほんわかする唄です。



fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月24日(水) 夏の洋服のお手入れ方法 

おはようございます。
本日は最高気温が25℃と涼しい一日になりそうです。
しかし、明日は30℃と気温の差が激しくなると思われますので、体調管理にお気を付けください。
では本日の話題に行きたいと思います。

ジャケット完成
CIMG2954.jpg
素敵なデザインのジャケットでね。

スカート仕上げ前
CIMG2955.jpg
こちらも手仕上げになります。

仕上げ後
CIMG2956.jpg
きれいに仕上げれたと思います。


礼服完成CIMG2957.jpg
下のフリルが素敵だったので、思わずのさせていただきました。


こどもの半ズボン 仕上げ前
CIMG2958.jpg
こういった小さいズボンは簡単なようで、意外と難しいんです。
というのは、クリーニング屋さんにある道具は大人のものを基準に作られているものが多いため、子供のは小さくて使えないというこが多いんです。
なので、本来ならば機械を使うところを手仕上げで行うといったことが発生します。
その分、料金が大人と変わらないといったことが起こったりします。

半ズボン完成
CIMG2959.jpg


ブラウス完成
CIMG2960.jpg
前立て部分についたリボンが特徴的なブラウスです。
素敵ですね。


ブラウス仕上げ前
CIMG2961.jpg
こちらはかなりのしわ模様です。

完成
CIMG2962.jpg

仕上げ前
CIMG2963.jpg

完成
CIMG2964.jpg


仕上げ前
CIMG2965.jpg

シミ??
CIMG2966.jpg
こういったものをたまに見かけると思いますが、これは色落ちです。
水分を含んだ衣類のところから色が抜けてしまった状態です。
こうなっては、修正が難しくなります。

原因として考えられるのは、

・もともとの染色が弱かった
・濡れた状態で放置していた
・色が抜ける液体をつけてしまった

等が考えられます。

私たちが防止できるのは、濡れた状態で放置しないということです。

どうしても汗で濡れた状態が続いてしまう部分があると思いますので、その時は衣類を肌から離して、小まめに乾燥させることが大事なのかなと感じます。

完成
CIMG2967.jpg
変色した部分が裏地だったため、比較的目立たちませんでした。




夏の衣類のお手入れは特にご用心ください。
こういった、汗で変色してしまう物は案外多いです。
Tシャツでもこういった事例がありますので、とにかく汗をかいた衣類は何日も放置しないで、すぐに洗うことを心がけてみてください。
特に大事な奴は、着たらすぐに水ですすぐだけでも違います。





ではこの辺で本日も失礼します。


余談
福島の除染にかかる費用が約5兆円に達するという話を聞きました。
これは一年に使う国家予算の約1割弱にあたります。
とんでもない額ですね。
原発がもたらしたこの金額を皆さんはどう感じますか?
私の家は除染が済んでいるのですが、その時に担当した業者の方からご迷惑をかけたと商品券を頂きました。
私は、これがどこから配られているのか調べました。
こんものを配るなら、もっと予算削減を徹底してほしいと思ったからです。
国民全体から集めたお金を無駄にするなと思ったからです。
配っている元は公社関連ではなかったのですが、なんだか府におちませんでした。
こんな現状をいうと敵を多く作るかもしれませんが、おかしいものはおかしいので載せてみました。


昨日お客様から、余談の曲がいいとお褒めの言葉を頂きました。
こういった言葉は本当にうれしいです。
褒めて伸びる子なんで、どんどん言ってください。

このGIFTが一番好きです。
観客との一体感が心を動かされます。
特に後半部分は圧倒されます。
是非聞いてみてください。

↓↓↓クリックしてみてください。


贈り物 ミスチル


fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月23日(火) ズボンやカーテン等のお話


おはようございます。
朝から蒸している二本松市です。
昨日はずっと雨が続いていて、それは今日をそうさせているのかといった感じです。

では本日のクリーニング内容にいきたいと思います。

礼服ズボンの仕上げ前
CIMG2917.jpg

仕上げ後
CIMG2918.jpg
このようにきれいに仕上がりました。


ズボン仕上げ前
CIMG2919.jpg

仕上げ後
CIMG2920.jpg

当店のズボンクリーニング代は会員の方で¥450円です。※一般の方は¥500です。

これを安いとみるか高いとみるかはお客様で判断してください。

当店のズボン仕上げはテカリを極力なくした裏地からプレスを行っています。
これをすることにより、テカリを最小限に抑えれます。
礼服などは黒なので、特にテカリが目立ってしまいます。
以前は当店にもそういったクレームが出たことがあります。

そういった段階を経て、やり方の改良をし、今の裏地からかけることにより、テカリを最小限に抑える方法を考え付きました。

これを行ってからは、クレームがないです。

実際は、裏地から掛けると時間が倍かかってしまうので、クリーニング屋にとってはよろしくないのですが、品質を第一に考えるとそうはしていられません。

ましてや年中着るズボンですから、品質を大事にするのはとっても大事なことだと思っています。



ズボンをクリーニングに出す場合のワンポイント

ズボンでテカリが気になるという方は、受付人に一度ご相談してみてください。
そのお店によっては、気を付けて行ってくれるところがあるからです。
ただし、量販店などは、安い分そういった作業をしないので安く仕上げれているところがありますので、すべてのお店が対象というわけではないことを御了解願います。


ズボンアイロン後に冷風を掛けます。
CIMG2922.jpg
髪を乾かすドライヤーをイメージしてもらえばわかると思いますが、クリーニング品もアイロン後は熱い状態のままです。
それをそのまま包装してしまうと、そのものに蒸気を含んだ熱がたまったままになり、後にそれが冷めてカビなどの原因になったりします。
それを無くすことと、せっかく掛けたアイロンの形状を記憶させる効果がこれにはあります。

なので、時間はかかりますが、こういったことをしっかり行うことにより、渡すときだけいいのではなく、後のこともしっかり対応しています。


カーテンクリーニング
CIMG2926.jpg
こういったカーテンも当店は自家洗いしています。
水洗いしていますので、本当にきれいになりますよ。

洗うことにより、寿命も延びますので、お勧めです。

見積もりだけでも結構ですので、お考えの方はご相談ください。


かいまき毛布
CIMG2927.jpg
こういった毛布も浮きつけております。

もちろんこちらも自家で水洗いしています。

夏の熱いうちに是非クリーニングをよろしくお願いします。


ではこの辺で失礼します。

渡邊隆徳


余談
最近毎晩のようにお酒を飲んでいましたので、今週は控えたいと思います。
さて、出来るでしょうか?

メッシのゴール前の決定力に注目していただきたいです。
歴代でナンバーワンサッカー選手のプレーを見逃しては損です。
私は生でメッシのプレーを見れる世代に生まれて来れて幸せだと思っています。
生きる伝説を今現在生で見れているわけですから本当に恵まれています。
野球で言うなら、長嶋や王が現役でプレーしているところを見れているといったところです。

↓↓↓をクリックしてみてください。

メッシの2012ゴール集




fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月21日(日) 外見から中身を変えていきましょう!!

とても快適な朝を迎えている二本松市です。
おはようございます。
今日は選挙の投票日ですね。
皆さんはいかれましたでしょうか?

私はこれから行きたいと思います。

ではさっそく行きたいと思います。

CIMG2907.jpg
こういった帯や襦袢も自家洗いしています。
こちらは仕上げ前の状態になります。


最近多く出る作業着 仕上げ前

CIMG2908.jpg
作業着もクリーニングに出すとこんなにも違うんだという部分を見ていただけるとありがたいです。


仕上げ前の袖部分
CIMG2909.jpg

仕上げ後CIMG2910.jpg
アイロンを掛けるとこんなにすっきりして出来上がります。

前立て裏地 仕上げ前
CIMG2911.jpg

仕上げ後
CIMG2912.jpg
裏地はどうしても洗った後はくしゃくしゃになってしまいますが、アイロンを掛けるとこのようにすっきり仕上がります。

全体完成
CIMG2913.jpg
一番最初の写真と比べてみてださい。
違いが一目瞭然だと思います。

完成
CIMG2914.jpg
たたみで完成になります。
やはり作業着などはたたみがいいですよね。

このように、仕事着をしっかりクリーニングすると心が引き締まり、仕事に対してもびしっとした前向きな気持ちで出来ると思うんです。
そういった意味でも、たまにでいいので、出してほしいと願っています。

外見から中身を変えて、仕事も今以上に張り合いをもって、私たちから皆を引っ張って日本を元気にして行こうじゃないですか!!

私はそう考えています。


ラメ入りのジャケット
CIMG2915.jpg

剥離したラメが散乱している状態
CIMG2916.jpg
見えずらいかもしれませんが、このようにラメ付の衣類は、どんな洗い方をしてもはがれてしまいます。

これは避けられないことだと思います。

なので、当店の場合は、お客様にクリーニング前に了解を頂いてから洗いに掛けています。

取れ方は洗ってみないとわからないのが実情です。

もちろん、最小限に抑えれるよう、対策を立てて洗います。

こういった部分を知っていると、購入するときやクリーニング時に少しは役に立つかと思います。


では本日のブログはこれにて終了となります。

明日は、工場直営店はお休みをいただきます。

宜しくお願いします。


良い週末をお過ごしください。



余談
昨日は友達の出産祝いや仲間の誕生日をかねたもので、バーベキューをしてきました。
普段飲まない量のお酒を飲んで、若干二日酔いですが、本日も気持ちを引き締めていきたいと思います。


とってもいい曲ですね。「世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」ってフレーズは心にジーンときますね。
是非聞いてみてください。
↓↓↓


福笑い





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月20日(土) 当店の看板品ズボンクリーニングと特殊品のアドバイス

お疲れ様です。
過ごしやすい天気の二本松よりお送りしています。
湿度が63%と高いですが、気温は25度と涼しいくらいな感じです。
では早速ですが、本日の話題に行きたいと思います。

ズボンのアイロン前
CIMG2896.jpg
あまりこのブログに登場しませんでしたが、当店の看板商品であるズボンの紹介をしたいと思います。

アイロン後
CIMG2897.jpg
線ありのものに関しては、機械を使って仕上げていきます。
人の圧力では限界がありますので、このように機械の力を借りて線をしっかりつけています。

通常は、ズボンの線は両足いっぺんに機械に掛けるところが多いのですが、当店の場合は、片足づつ掛けています。

片足づつ掛けることにより、テカリを最上限に抑えるのと、しっかりした線を付けれるからです。

こういった細かな部分は、普通にクリーニングに出す分にはわからないところだと思います。

そういった部分も知っていただけたら幸いです。

完成
CIMG2898.jpg
そうやって出来たのが完成しました。

当店は、たたみ仕上げです。
今、たたみで仕上げているところは少ないと思います。

たたみであげることにより、持ち運びや、収納に便利です。


線なしのズボン アイロン前
CIMG2899.jpg
今回は線なしのものを見ていただきます。

アイロン後
CIMG2900.jpg
わかりづらくてすいません。

このように線なしのズボンは、手で掛けています。

こちらは線ありと違い、機械で押してしまうと、風合いが変わってしまうため、手で掛けています。

完成
CIMG2901.jpg


ズボンは当店で年中最もでるクリーニング品です。

それはこういった細かな部分がお客様にご理解していただけてるんじゃないかと思います。

ズボンひとつとっても、各クリーニング店でやり方がまるっきり変わってきます。

中には、二重線や線がはっきりついていない、線を付ける必要のないものに線が付いてきたなど、困ったご経験された方もいると思います。

そのような場合は、その出したクリーニング店にもう一度お願いしてみてください。

ほとんどのクリーニング店では、再プレスとして、もう一度無料でやってくれるはずです。


ブラウス完成
CIMG2902.jpg
色鮮やかなものですね。

ハーフコート完成
CIMG2903.jpg
数は少なくなりましたが、まだ冬物も出ています。

ブラウス完成
CIMG2904.jpg

昨日載せたインド綿のスカート完成
CIMG2905.jpg
こちらはきれいにシミが取れて無事仕上げを終えました。

きものアイロン前
CIMG2906.jpg
当店はこういったきもの類も自家で行っております。

こちらは洗い終わった後に自然乾燥している状態です。

完全に乾いてからの仕上げになりますので、一週間ほどかかります。

乾いてからもきものに関しては非常に時間がかかるため、一日に出来る枚数を決めて行っております。

従いまして、きもの類は基本納期の方を最低ひと月ほどいただいています。

もちろん、お急ぎにも対応しておりますので、その時はお申し付けください。



きもの類など特殊品をクリーニングに出す場合のちょっとしたアドバイス

こういったものは時間がかかるものが多いので、お客様にもクリーニング店にも余裕をもって行ってもらいましょう。
その方が、品質にも十分時間をかけれて、より良いものが出来ます。

きものに関しては、使いたい最低一か月前には出しましょう。





ではこの辺で本日はさようならです。


明日も工場とインターベニマル店は営業していますので、よろしくお願いします。


渡邊隆徳


余談

私の人生で今のところ一番好きな唄です。
テンションが上がります。

去年ap bank fes で生のを初めて聞きました。
泣き虫な自分は号泣してしまいました。
本当に聞きたかった歌で偶然唄ったくれたので、一生の思い出になっています。
「誰も皆問題を抱えている だけど素敵な明日を願っている」って部分が特に好きです。

↓↓↓をクリックしてみてください。


HANABI ミスチル 去年のです。







fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月20日(土) 本日の更新は夕方になります。 よろしくお願いします。

7月19日(金)  家庭で仕上げするときの知恵とインド綿について

皆様おはようございます。
湿度は高いですが、比較的気持ちのいいお天気の二本松です。
朝は時間がなく、この時間の更新になります。

では早速ですが、行きたいと思います。

ブラウス仕上げ前
CIMG2883.jpg
水洗い後はこのような状態で上がってきます。

まず先にアイロンするところは
CIMG2884.jpg
衣類の顔でもある前立て部分です。
ここをきれいにするとシャキッとした感じが出ます。
大事という部分でも一番最初に掛けるところになっています。

その後は袖を掛けます。
CIMG2885.jpg
袖をこのようにアイロン台に載せて掛けて行きます。

完成です。
CIMG2886.jpg
洗い前と後で比較していただけるとわかりやすいと思います。

綿のブラウスは家庭でかけようとすると大変な作業になると思います。
綿は一筋縄ではいきませんので。



家庭でアイロンする場合のワンポイントアドバイス

綿は特にですが、家庭で掛ける場合は自然乾燥ではなく、乾燥機を利用しましょう。
それを利用することで、アイロンが格段に掛けやすくなるからです。
自然乾燥だと何倍も大変になるので、お勧めです。
自然乾燥しか出来ない状況の方は、洗った後に、出来るだけ手で引っ張た状態で乾燥させてください。
それをするだけでも全然違うと思います。





アイロン前のスカート
CIMG2895.jpg
こちらは綿なのですが、特殊な綿なのです。

表示
CIMG2894.jpg

インド綿
CIMG2893.jpg
こちらはインド綿といって特殊な製品です。
通常の綿とは風合いがまるっきり違ってきます。
おり方や風合いが特殊で、値段もかなりする物が多いです。

こういったものは、上からアイロンで強く圧力をかけてしまうと、せっかくの風合いが変化して治らなくなってしまいます。
なので、慎重にふかしながらアイロン掛けしてきます。

この後の写真を載せたかったのですが、シミがあったため、しみ抜きの工程に移行しました。


完成したブラウス
CIMG2892.jpg
今の季節はこのようにブラウスやオープンシャツ等水洗いする物が多く出ます。

家庭で洗う場合は、アイロン掛けがネックになると思いますので、その時は少しでもアイロンを掛けやすい状態に持ってくるのが重要になってきます。
なので、上に載せた方法を利用してみてください。


では、本日はここまでです。

見ていただきありがとうございました。


渡邊隆徳


余談
私が最近聞いている大好きな曲です。
この曲を聞くと元気が湧いてくるのと前向きな気持ちにさせてくれます。
NHKの仕事ハッケン伝のテーマ曲に使われています。
この番組に以前タレントの磯山さやかさんがクリーニング店へ修業しに行くという物がありました。
とても興味を持って見させていただきました。
私はこの番組が大好きで毎週録画しています。
機会があれば見てみてください。

↓↓前向きな気持ちになれる本当にいい歌ですよ!!!

同じ空の下 高橋優





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月18日(木) しわの伸ばし方としみ抜きについて 

本日は朝から雨の二本松です。
おはようございます。
今日は降水確率が80%ということで、一日雨が降ったりやんだりといった感じでしょうか。
そんな感じで、本日の話題に行きたいと思います。

紳士ベストのアイロン前
CIMG2876.jpg
こういったしわはなかなか伸びません。

アイロン後
CIMG2877.jpg
しっかり蒸気を使いながら掛けることによりこのようにきれいになります。

完成です。
CIMG2878.jpg


家庭でアイロンする場合のちょっとしたアドバイス

上のようなしわを伸ばす場合は、霧吹き状にした水をまず先に掛けて、その後にアイロン掛けするときれいになります。
その時、水をかけすぎるとワジミという黒っぽいシミが出来てしまうので、さっと一回二回プッシュするくらいがちょうどいいと思います。
これをすることによって、蒸気の代わりのような役目をしてくれて、しわが格段に伸びやすくなります。

一度お試しを。


綿シャツアイロン前
CIMG2879.jpg
ドライ洗いした後です。

表示は
CIMG2880.jpg
このように水が禁止になっています。

しかし、このように綿の場合、汗を吸収している場合が多いため、水で洗いなおします。
というのは、水で洗わないと汗のシミは取れないからです。

当店はこのような場合、追加料金は発生しませんのでご安心を。

ちなみに金額はたたみでこの洗いで、会員の方の場合

¥350円

です。


ズボンに付いたシミ
CIMG2881.jpg
洗い後に見つかったシミです。

しみ抜き後
CIMG2882.jpg
蒸気で取れたので、比較的時間はかかりませんでした。



今日着たい服にシミが付いていた場合

クリーニング屋さんにはたいていしみ抜き台というのがあり、すぐにシミを落とせたりする場合があります。
どうしても今日着たいんだけど、シミが付いていてどうにかしたいという場合は、電話でもしてみてやってもらえるか確認してみてください。
その時は、工場が近くにあるとこでないとできませんので、前もって確認してみてください。


ひらいしやクリーニングの金色工場直営店ではこういった場合の相談はいつでも受付可能ですので、その時は前もってご連絡ください。
※その時の状況で出来ない場合や、もともと洗いなおさないと出来ないものもあります。




本日はこの辺で終わりにしたいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。


渡邊隆徳



余談

私の大好きな曲の一つです。
ap bank フェスの最後に皆で唄う物なんですが、この年の集まったメンバーがすごいんです。
テレビでも集められないだろうというメンバーなんです。
本当にすごいんです。
みればわかってもらえると思います。
何度聞いても涙が出てきてしまう大好きな曲です。

↓↓↓をクリックしてみてください。

to U

fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月17日(水) 良い生地の服と外見から変えてみませんか?

皆様おはようございます。
とても涼しい朝を迎えている二本松市です。
ただ今の気温23℃。
夏とは思えないです。
たまにはこんな日もいいんじゃないでしょうか。
昼間どのくらい気温が上がるのか楽しみです。

では、クリーニングの話題に移りたいと思います。


ジャケット仕上げ前
CIMG2867.jpg


CIMG2868.jpg
かの有名なブランドですね。

アイロン中
CIMG2869.jpg
このように裏地から掛けていきます。

完成

CIMG2870.jpg
上手に出来ました。


~ここでクリーニングに関してのちょっとした小話~

値段の高いものや有名なブランドは一般の値段のものと何が違うのかといいますと、それは生地が大きな要素を含みます。
もちろん、デザイン等もありますが、長い目でみて変わってくる部分ではそこなんです。
どういう風に違うのかといいますと、クリーニングしていくたびに風合いが変わっていきます。
良い生地の物は、何回洗っても品質が丈夫なため、生地の変化がありません。
それだけ丈夫で、長持ちするというわけです。
買うときに見分けるのは、素人目では難しいのが実情だと思います。

もし気になる場合は、買うときに店員さんに「生地は特別なものを使ってたりしますか?」
と聞いてみるのが良いかもしれません。
その時に、すんなり産地をいえるような場合は、良い生地なんではないかと。
わからない場合は、あまりこだわっていないことが多いように感じます。

オープンシャツ仕上げ前
CIMG2871.jpg


仕上げ後
CIMG2872.jpg
このように当店はたたみ仕上げになります。
通常料金でたたみなので、収納にお困りの方は是非お試しください。


ドレス仕上げ前
CIMG2873.jpg
毎日でるドレスの仕上げ前の状態になります。
当店は本当に毎日たくさんのドレスが出ます。

仕上げ中
CIMG2874.jpg
仕上げ方はこのように一か所一か所それぞれ分けて手アイロン掛けしています。
こうすることによって、出来た時に立体感が生まれ、風合いがまるっきり変わってきます。
こういったところがお客様に喜んでいただけている部分なのかもしれません。

完成
CIMG2875.jpg
上手に出来たと思います。


ドレス等大事なものほど、こだわりを持ったクリーニング店に出すことをお勧めします。
一番の違いは立体感。
ぺしゃんこで、風合いがなく仕上がってくるのと、立体感があり、イキイキとした風合いのものでは、やはり見栄えも変わってきます。
大事なシーンで着るからこそ、毎日人に見られている服を着るからこそ、品質にはこだわっていただきたいと思っているのが、ひらいしやクリーニングの考え方です。

自分でいいものを着ていれば、外見から人って変わってくると思うんです。
びしっとした服を着ていれば、心までそれに呼応するかのように引き締まったりするといった部分で。
それに、なんだかんだ言ったって、人は見た目で判断されたりします。
初対面で、よく思われれば、それだけで得したりするじゃないですか。

いろんな意味で、よいクリーニング店を自分なりに探してご利用していただきたいと思っています。


では長くなりましたが、本日のブログを終了します。

本日も張り切っていきましょう。


余談
私の好きなバルセロナというサッカーチームの動画です。
バルセロナのサッカーが美しいと言われる所以が、これをみればかなりわかると思います。
私もその虜になった一人です。
ぜひ美しいサッカーを見てみてください。
そんなに長くはないので。

↓↓↓をクリックするとバルセロナのパスワークが見れます。

バルセロナのパスワーク




~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月16日(火) ポロシャツとちょっとしたお話


おはようございます
連休はいかがおすごしでしたか?
休みじゃないという方も多いと思いますが、週の初めですし、張り切っていきましょう。
湿度は高いのですが、なぜか清々しい二本松の朝からお送りします。


アイロン前のポロシャツ
CIMG2860.jpg
今の季節、なくてはならないものですね。
家庭でも比較的クリーニングしやすいものではないでしょうか?

アイロン後
CIMG2861.jpg
きれいに出来上がりました。
こちらも100%手仕上げですが、比較的時間のかからない部類に当たります。


長そでポロシャツ アイロン前
CIMG2863.jpg
こちらも同じくアイロン前のものです。

アイロン後
CIMG2864.jpg
上手に出来たと思います。


家でポロシャツを掛ける場合のポイントとしては・・・

上の写真にもあるように、前立て部分をしっかりアイロンすることにより、全体がより美しくなるということです。
これはワイシャツとかにも言えますが、ここは全体で見ると相手から見える顔に当たります。
そこをしっかり押さえることにより、何倍もきれいに見えたりします。

なので、家庭で掛ける場合は、体重を載せてしっかり伸ばしてみてください。


婦人ジャケットアイロン前
CIMG2865.jpg
今の季節はこういった薄手のジャケットも大活躍しますね。

アイロン後
CIMG2866.jpg
襟もとに注目しながら見ていただけるとわかりやすいと思います。



ここからは私が最近知った衣類に関することを載せていきたいと思います。

CIMG2843.jpg
こういったスラックスの裏地の腰部分に


CIMG2844.jpg
ゴムを付けることにより、中に着たワイシャツが出ないようにする効果があります。

ワイシャツが出てしまうと、見た目が悪くなりますので、こういったことを行うとそれを防止できます。

スカートでもこれを出来ます。


洋服の修理屋さんなどでやってくれますので、気になる方は試してみてください。

そこまで高くないと思います。

第一印象は大事です。

それで得をすることだってあります。

心がけていきたいですね。


では今週も張り切っていきましょう。


余談
先日、福山雅治の「真夏の方程式」を見てきました。
後半部分は泣けるところ満載でした。
自分も感動しました。
おススメです。

この曲大好きです。
これを作曲した福山雅治はすごいですね。
かっこいいし、才能豊かだし、トークは面白いし素敵ですね。

↓↓


vs ~知覚と快楽の螺旋~








fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月14日(日) 浴衣クリーニングのお話


おはようございます。
今の暑さは今日までという話が今朝舞い込んできてテンションが上がっています。
連休の方も仕事の方も有意義な一日にしていきましょう。

では、本日のクリーニングの話題に行きたいと思います。

最近出てきた浴衣 仕上げ後
CIMG2857.jpg
今の季節は定番ですね。
もうこんな季節なのかと、浴衣を見ると感じれます。

仕上げ前の浴衣
CIMG2855.jpg
当店の場合、浴衣はこのように一度綿を押す機械で全体を伸ばします。
そして、ここから手アイロンで修正していきます。

アイロン後
CIMG2856.jpg
アイロンを掛けるのと一緒にたたんでいくとこのようになります。

当店は基本こういったきもの系はすべてたたみになります。

機械だけではなく、手アイロンで修正しないと細かな部分などがきれいに出来ないため、慎重にアイロン掛けしています。


浴衣を家で洗う場合のワンポイント

もし、浴衣を家で洗いたいという場合は、洗剤と一緒に酢を10ccほど入れてみてください。
そうすることにより、色止の効果が出ます。
少しでも安全な洗い方をするためにおススメです。
そして、洗った後はしっかりすすいでくださいね。


トレンチコート仕上げ前
CIMG2848.jpg
今の季節は珍しいものですね。

仕上げ後
CIMG2849.jpg
きれいに仕上げれました。


綿のジャケット仕上げ前

CIMG2851.jpg
綿のジャケットはえりに汗ジミが付きやすいので、しみ抜き剤を付けて水洗いしました。
きれいにとれましたが、このようにしわがすごいです。

アイロン後
CIMG2852.jpg
しっかり手アイロンすることにより、このように仕上げれます。

麻のシャツアイロン前
CIMG2853.jpg

仕上げ後
CIMG2854.jpg
当店はこのようにシャツ系は収納に便利なたたみ仕上げをしています。
今のクリーニング屋さんの主流はハンガー仕上げだと思います。

当店もお客様の都合によってハンガーも可能ですので、その時はお申し付けください。


礼服完成
CIMG2859.jpg
こういった礼服は季節を問わず、クリーニングを出していただいています。
こちらももちろん手仕上げです。


礼服類は黒なので、シミがついてもわかりずらかったりします。
夏は特に汗ジミが付きやすいと思います。
そのような状態を放置していると、カビなどの原因になってしまい、最悪取れなくなってしまいます。
なので、汚れていなくても、ある程度来たら一度クリーニングに出すことをお勧めします。

その出すときには、「汗がたくさんついているから、出来るだけ汗を取ってください。」と一言声を掛けていただくと、クリーニング屋さんも何かの対処を考えると思います。



ではこの辺でさようなら。



余談

私の好きなプロレスでのスタンハンセンのラリアットをみていただき、暑い夏をスカッと過ごしてください。
この人のラリアットをくらって負けなかった人を見たことがありません。
それぐらい、強烈なものです。
女性の方は今回はすいません。
↓↓

強調文ウエスタンラリアット





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月13日(土) 水洗いとドライ洗いはどう違う?

朝から雨模様の二本松よりお送りします。
この暑さに蒸し暑さは参ってしまいますね。
しっかり体調管理していきましょう

では早速ですが、クリーニングの話題に行きたいと思います。


本日は原点に返って、ドライと水洗いの違いについてお話ししたいと思います。


ドライはこういった機械で洗っています。CIMG2845.jpg

ドライとは

水で洗えないものを洗う洗い方です。

全ての素材が水で本来洗えれば、ドライというのは必要ないと思います。
水より洗浄力は劣りますので。

いい点といえば、型崩れしないということです。
水洗いの場合、型崩れや色が変わるといったことがあり、風合いが変わるといったことが多々あります。


しかし、ドライの場合はそのようなことはまず起きません。


水洗いの機械
CIMG2846.jpg

では水洗いはというと・・・

ドライで洗えなかったものを洗うといった方がわかりやすいかと思います。

洗浄力は優れています

しかし、型崩れしやすいことや色の変化が激しいなどのリスクもあります。


こういう風に、それぞれに長所と短所があります。

自分で考えるのが大変な場合は、クリーニング屋さんに任せて下さい。

最良の方法でお洗濯しますので。

ただ、上に書いたことを踏まえて、自分でこうしてほしいという考え方が浮かんだら、受付の者にいってみるのが良いと思います。

そういったときに役立つのは、工場が併設されている店舗などです。

そこは作業する人間がいるため、知識のあるものが直に相談を受けれるからです。

ちなみに、当ひらいしやクリーニングの金色工場直営店はそれにあたるので、大事なものに関しては直接持ってきていただき、ご相談していただけるとありがたいです。


少しは役に立つ情報になりましたでしょうか??

なにか質問等あれば、コメント欄からでも結構ですので、よろしくお願いします。



余談
結構文章が多い内容の日になったので、今日はさらっとした映像を見ていただき終わりにしたいと思います。
この人はポルトガル代表で、現レアルマドリッドの選手です。
ファールする人で有名なので、そのワンシーンを見てみてください。
やり過ぎで逆に笑ってしまいます。
↓↓

ペペのファール映像



fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

本日(7月13日)の更新は夕方を予定しています。

本日の更新は夕方を予定しています。

宜しくお願いします。

7月12日(金) 特殊品を出す場合に気を付けること


本日も朝から蒸し暑い日二本松市です。
暑さと仲良くするためにも、無理をしないような対策を立てていきましょう。

では早速ですが、行きたいと思います。

ドレスアイロン前
CIMG2828.jpg
当店はドレスが多く出る店です。
なぜか具体的な原因はわかりませんが多く出る方だと思います。

アイロン後 前
CIMG2830.jpg



アイロン後 後
CIMG2831.jpg
このようにきれいに仕上げれたと思います。

ドレスはかなり時間がかかります。
当店は全ての部分を手仕上げしているためです。
また、途中シミがみつかれば洗いなおして行っているため、さらに時間がかかったりします。

特殊品をクリーニングに出す場合・・・

このように特殊品をクリーニングする場合は、時間に余裕をもって出されることをお勧めします。
というのは、クリーニング屋さんにとっては納期は必ず守らなければならないものなので、それに合わせようとするため、本来できる処理が出来ないでお返しとなってしまう場合があるからです。

当店の場合は、ひどい状態のものに関しては、こちらからお客様に電話して、事前に納期を変えるなり対処しています。


アイロン前のジャケット
CIMG2832.jpg

表示は
CIMG2833.jpg
麻はこのように綿よりしわがひどくなる場合がほとんどです。

左右対称で見比べてください。
CIMG2834.jpg
手前がアイロン後

奥がアイロン前

完成
CIMG2835.jpg
きれいに完成しました。

アイロン前のシャツ
CIMG2836.jpg
この時期こちらも多いですね。

完成
CIMG2837.jpg
手アイロンでこんな感じで上がります。


アイロン前
CIMG2838.jpg
先日ドライで洗いましたが前身頃のシミが取れなかったため、水で洗いなおして乾燥させた後の状態です。

完成
CIMG2839.jpg
こちらも手アイロンでないとここまでは伸びません。


このように、今の季節はクリーニング屋さん泣かせの品物が多く出ます。
気持ちのいい服を着て暑い夏を乗り切っていきましょう。
その手助けを少しできればと考えています。

その時はよろしくお願いします。



余談
この唄大好きです。
容疑者xの献身は自分の中で最高に好きな映画でした。
今、真夏の方程式というのもやっています。
早くみたいです。
結構泣けるみたいですよ。

↓↓クリックしてみてください。
福山雅治の曲でもっとも好きな唄です。






fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月11日(木) ブラウスや背広のお話

おはようございます。
朝から小雨が降る二本松です。
週の真ん中で大変な時期ですが、なんとか気合いで乗り切っていきましょう。
こちらのコメントで、余談がいいと褒めていただきました。
そういったコメントを頂くと私も嬉しくなってしまいます。
感じたことなどあればコメントいただけるとありがたいです。
宜しくお願いします。
そういえば、昨日の余談に載せた365日という唄より更にいい入り方の365日がありましたので、改めてかきなおしておきましたので、そちらの方も見直していただけるとありがたいです。
本当に鳥肌もんです。

では本日のクリーニング内容に行きたいと思います。


アイロン前の状態

CIMG2819.jpg
当店の得意な分野の一つ、背広仕上げの少し細かな部分に注目していただきたいと思います。

アイロン後
CIMG2820.jpg
裏地を掛けているお店ではこのように見えない部分まできれいにかかっています。

背広の掛け方はクリーニング屋さんでそれぞれ違っています。

・ボックスの機械に入れて外から蒸気のみで仕上げているお店
・機械に着せて内から蒸気を掛けて蒸かすお店
・手で100%かけているお店

と大きく分けてこのようになります。
手間は下に行くほど掛かります。

ちなみに当店は手でかけているお店に当たります。

細かな部分を見ると違いがわかるので、そういった部分も意識してみていただくと面白いかもしれませんね。
特に注目すべきポイントは襟の部分です。
ここははっきり違いが出てきます。

今後是非注目してみてみてください。


完成
CIMG2821.jpg
襟がきれいだとこのように全体まで美しく見えます。
エリは背広の顔だといっても過言ではないでしょう。
そういったところだからこそ、当店は力を入れています。


最近多いブラウス仕上げ前
CIMG2822.jpg

仕上げ後CIMG2823.jpg
ブラウスは仕上げが大変ですね。


家庭で洗濯する際のポイントとしては、洗い後は出来るだけ乾燥機を使いましょう。
そうすることによって、仕上げがだいぶ楽になりますよ。
もし、乾燥機がない場合は、手でよく伸ばした状態で自然乾燥してみてください。



オープンシャツ背中仕上げ前
CIMG2824.jpg

仕上げ後
CIMG2825.jpg
きちっと背中のラインにそったタッグを付けるとキレイに仕上がります。

完成です。

CIMG2826.jpg

襦袢の仕上げ後
CIMG2827.jpg
襦袢もたまに出ます。
このようにうまくできたと思います。


本日はここまでです。
楽しんでいただけましたでしょうか?
今回よりコメントを受け付ける設定にしましたので、なにか意見や感想などあればお気軽に残していってください。
週の真ん中で雨でと気分が落ちそうになりますから、こんな時は無理にも体を動かして、体から気持ちを動かし行きましょう。



余談
こんな天気だから、スカッとした気持ちになってください。
私がみたフリーキックの中でもベスト3に入るスーパーゴールです。
↓↓↓をクリック

スーパーフリーキック








fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング店
ひらいしやクリーニング

7月10日(水) クリーニングを頼むときは・・

本日も暑かったですね。
ただ今の気温は32℃。湿度が50%。
湿度がないとやっぱり過ごしやすいです。
外で作業されている方は本当に大変だと思います。

ではクリーニングの話題に行きます。


CIMG2814.jpg
こちらのドレスはドライ洗いしましたが、白い部分に黄色いシミが残っていたため、水で洗い直ししました。


CIMG2815.jpg
表示はやはり水洗い禁止のマーク
でも、水でしかおちなければ、やるしかありません。
素材もポリエステルだったので、洗い直ししました。

その後はきれいに落ちてくれました。

~クリーニング屋さんを利用するうえでのアドバイス~


このように品質表示はあくまで、最高の安全の下に付けられています。
なので、上のように、実際は洗っても大丈夫なのは結構多いです。
まして、クリーニング屋さんは一日に洗う回数が一般の人よりも多いため、経験という部分で知識も豊富です。

クリーニングに出して汚れ落ちが悪いと感じたりした場合は、もう一度クリーニング屋さんに持って行ってお願いしてみると、案外違う方法で洗いなおしてくれることがあります。

是非、そういったものはあきらめないで、お願いしてみてください。



CIMG2816.jpg
昨日水洗いしたジャケットの仕上げ後です。
こちらも出来る限りの処置をしました。
エリは変色までいってしまうと落ちなくなりますので、シミがついたなと思ったら早めのクリーニングをお勧めします。
クリーニング屋さんへ出すときには、「エリが汚れているので、よく落としてください。」とお願いすることを忘れずにしてください。



CIMG2817.jpg
水洗い後のブラウスです。
こちらは今の季節多く出ます。


CIMG2818.jpg
仕上げ後です。
このようにきれいになりました。
こういった前に立体的なデザインがあるものは特に、手仕上げだとなおさら仕上げの差が出ます。


本日はこの辺で終わりにしたいと思います。

クリーニングに出すときは、落としてほしい部分をいうことが大事です。
というのは、お客様にしか見えないシミという物が中にはあるからです。
例えば、襟のシミなどは、出すときは見えなくても、後から出てきたりします。
こういった場合は、一声かけてもらうと最善の対処を出来ますので、その時は遠慮せずに言ってください。



余談
今晩は少し泣ける歌を載せてみます。
この入り方は鳥肌が起ちますし、曲も泣けます。
たまにはどうぞ。

↓↓↓
斜体文強調文この曲の入り方は素敵です。


明日の更新は午前中の予定ですので、よろしくお願いします。




fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~



全行程手作業にこだわるクリーニング屋
ひらいしやクリーニング

7月9日(火) 襟の汗ジミはどうすればいい??

本日もになりますが、とても暑い日でしたね。
しかし、湿度がそこまで高くなかったため、昨日よりは過ごしやすい天気だったと思います。
昨日は休みでした。
日中は用事があり、夜は商工会議所さんで行われている一店逸品の会議に参加させていただきました。
異業種が交流するといろんな角度から話が聞けて、とてもためになりました。
では早速ですが、クリーニングの話題に行きたいと思います。

綿のジャケット仕上げ前
CIMG2799.jpg
ドライで洗った後の状態です。

エリを見ると
CIMG2800.jpg
ドライでは襟の汗ジミは取りきれません。
なので、このようにそのまま残ることが多いです。

洗剤を付けます。
CIMG2801.jpg
そこで、襟に汗ジミ用の洗剤を付けて汗ジミを取っていきます。
こうしないと汗ジミはまずとれません。
洗剤を付けて、温度を掛けるというのがポイントになります。

その後は水で洗い直し
CIMG2803.jpg
しみ抜きしただけではワジミになりますし、他にも汚れが付いていたため、洗剤をお湯に溶かし、洗い直ししました。

それが乾いた状態CIMG2804.jpg
水洗いするとこのようにしわが激しくなります。
実際は、水洗いしないで済ましたいのが本音なんですが、そのまま返すわけにはいきません。
しっかり落とすということが大事なので、手間はかかりますが、そういったことはしっかり行っていきます。

完成
CIMG2806.jpg
手でアイロン掛けしないとここまではきれいになりません。
なので、量販店さんなどでは水洗いするとここまで仕上げるのが大変なので、水洗いするのは厳しいのが実情だと思います。
逆に言えば、当店だからここまでこだわって出来るんじゃないかと思っています。

きれいに仕上げれてほっと一安心です。


家庭で活かせるアドバイスとしては

家庭用の洗剤で汚れ落ちをよくしたい場合は、温度を加えることだと思います。
温度を加えると洗浄力というのは、驚くほど増します。




エリにシミが付いたジャケット

CIMG2808.jpg
今の季節はこういったシミが目立つと思います。

こういったものも当店は水洗いに掛けます。
エリにしみ抜き剤を施してからすすぎます。
水洗いしないとまず落ちません。


こんなかんじで、本日も水洗い中心の話題になりました。
いかがだったでしょうか??

お客様のためになる情報をもっと積極的にしていこうと思っていますので、なにか聞きたいことがありましたら、どしどしメールフォームからお問い合わせください。
宜しくお願いします。


余談
自分が最近聞いている元気をもらえる曲です。
この歌も大好きです。
下をクリックしてみてください。
色がヒントです。



元気が出る曲です。



fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング

7月7日(日) 本日も水洗い中心のブログです。

おはようございます。
暑さが続いて参ってしまいますね。
湿度が高いと動くのにも億劫になりがちなので、そこを気合い入れて体を動かしていきましょう。

では早速日曜の静かな二本松市よりクリーニングの話題に行きたいと思います。
昨日に引き続き水洗いの前後を見ていただきたいと思います。


仕上げ前

CIMG2779.jpg

仕上げ後CIMG2780.jpg

完成CIMG2781.jpg
きれいに仕上げれました

当店はシャツ系はすべてこのようにたたみ仕上げになっています。
一般のクリーニング店ではハンガーが多いと思います。
もし、ハンガーがよければ変更もできますので、その時は受付の者に言ってください。


水洗い後のジャンバー
CIMG2783.jpg


CIMG2784.jpg
この部分はアイロンが掛けれません。
素材が特殊なため、アイロンを掛けると粘ってしまうためです。
なので、この部分は避けてアイロン掛けしていきます。

アイロン後
CIMG2785.jpg

完成
CIMG2786.jpg
きれいに仕上げれました。

この時期はこのように水洗いするものが半分くらい増えます。


アイロン前
CIMG2789.jpg

アイロン後
CIMG2790.jpg


では最後に家庭でも苦労するタッグ付けについて一つアドバイスしたいと思います。



CIMG2794.jpg
背中の中心をとおっているタッグを掛ける前の写真です。


CIMG2795.jpg
タッグを付けた後に背中側から見た写真です。




(タッグの付け方)

タッグを付ける場合は、まずつけたい線の延長部分をイメージして、その先端部分を摘まみます。

そして、摘まんだまま引っ張ると、そこにラインが出来ます。

そのラインを片手で押さえつけながら、もう一方の手でアイロンをかけていきます。




こんな感じで出来ると思うんですが実際は難しいと思います。

何度かチャレンジしてみてください。


ではこの辺で、本日のブログを終えたいと思います。



私もお手伝いさせていただいています。
もしよければ、駐車スペースも十分ございますので、参加してみてください。
ただの遊びではないですよ。
こどもの感性も伸ばせると思いますので是非どうぞ。

こどものにわ



余談

この選手はイタリア代表で先日のコンフェデにも出ていましたが、悪童と呼ばれあちこちのクラブで問題をおこしている選手です。
下の動画は、その選手が、監督を怒らせて、速攻交代させられたプレーの動画です。
味方にもあきれられています。
見てみてください。
ちなみに来年のワールドカップにも出てくると思います。

↓↓↓
バロテッリ




fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング

7月6日(土) 夏はやっぱり水洗いのクリーニング 

本日は熱帯夜から続いて1日猛暑といった感じです。
何といったも湿度がただ今11時の時点で75%です。
自分自身の体調管理も含めて今日も大事な1日にしましょう。

では早速いきたいと思います。


CIMG2770.jpg
毛布がたくさんあります。
インター店のみのですが、お店に持っていけないものがこれ以外にもまだあります。


CIMG2771.jpg
素敵なドレス仕上げ後です。
こういったものはプリーツ加工がされているため、直接はアイロンを掛けません。


そして本日の注目ポイントは水洗いの品です。
通常のクリーニング屋さんは水洗い割引対象外とかよくあると思います。

それがなぜなのかと申しますと、水洗いはドライに比べて、洗いから仕上げまで非常に手間がかかることが多いからなんです。
水はドライ液より重いため、その分衣類にも負荷がかかります。
しかしその分、汚れ落ちが良いんです。
なので、ドライの方が仕上げに関しては容易です。


ドライは主に、水で洗えない品質のものを洗うのに必要です。

それぞれに一長一短あるといった感じです。

そんなことを思っていただきながら下の水洗い後の品を見ていただきたいと思います。



CIMG2774.jpg
仕上げ前


CIMG2775.jpg
仕上げ後


CIMG2776.jpg
完成



ここからは昨日仕上げた品をずらっと載せていきます。


CIMG2772.jpg


CIMG2773.jpg


CIMG2777.jpg


CIMG2778.jpg


CIMG2782.jpg


CIMG2787.jpg


CIMG2788.jpg


CIMG2791.jpg


CIMG2793.jpg


こちらの物はすべて水洗いして手でアイロンしたものです。
たくさん出していただきありがとうございました。



熱い夏を何とか乗り切りましょう。


余談
私が見ると毎回笑ってしまう動画です。
もしよかったら見てみてください。


お笑い部分をクリックしてみてください。
お笑い





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング

7月5日(金) 雨の二本松よりクリーニングの話題です。


朝から雨で気分がいまいちなスタートですね。
でも、こんなときは普段出来ないことをするチャンスかもしれません。
切り替えていきましょう。
いつもより早い、朝の更新ブログになります。
ではどうぞ。

昨日仕上げた衣類群
CIMG2766.jpg
おかげさまで昨日もになりますが、たくさんの衣類を出していただきました。
蒸し暑かった中での仕上げだったため、非常に苦労しましたが、一点一点しっかり仕上げることが出来ました。


洗い後のオープンシャツ
CIMG2755.jpg
昨日も出ました、水洗いしたオープンシャツになります。
このしわ具合だと、特殊な素材と考えられます。

アイロン後
CIMG2756.jpg
シミもほぼわからないくらいになり、しかもアイロンもうまくできたと思います。
ほっと一安心です。


ドレスのドライ洗い後
CIMG2757.jpg
こちらはわかりづらいかもしれませんが、ラメがあしらわれている素敵な仕様になっています。

近くで見ると
CIMG2758.jpg

メッシュの中は
CIMG2759.jpg
メッシュをめくると中はこのようにシミがありました。
こういったシミはドライ洗いではほとんど落ちません。
なので、今度は水で洗いに掛けるのですが、一つ心配なことがあります。
それは、先ほどのラメが取れないかということです。
ドライ洗いでも結構取れていたのでその辺が心配です。

品質表示は
CIMG2760.jpg
このように水禁止ですので、通常はドライのみです。
こちらは本日挑戦します。


洗いなおしたジャケット 仕上げ前
CIMG2761.jpg
これも昨日シミがあり、洗いなおしたジャケットになります。

仕上げ後
CIMG2762.jpg
きれいに落ちて仕上げれてお客様にもきっと喜んでいただけるでしょう。

こういったとき、特にこの仕事の喜びを感じれます。


スカート仕上げ前
CIMG2763.jpg
スカートはこの季節になると急激に多く出ます。
その中から仕上げ前後を見ていただきます。

仕上げ後
CIMG2764.jpg
このようにきれいに仕上げれました。

スカートなど、タッグなどが付いているもの等もすべて手でアイロン掛けしているので、こういった部分も当店のこだわりの一つです。
通常のクリーニング店では、機械で圧力をかけてプレスするため、生地が潰されて、風合いが変わってしまったりします。



本日はここまでです。
雨なんかに負けない素晴らしい一日にしましょう。


余談
こんな雨の日はこれを聞いてテンションをあげてみてください。
私はこれでたまにテンションをあげています。
気持ちが揺れるくらい素敵な歌です。
下をクリックしてみてください。

↓↓
開けてみてのお楽しみ











fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング

7月4日(木) 帽子からシャツからしみ抜きといろいろクリーニング

最近は雨の多い二本松市です。
本日もどんよりしたお天気です。

本日は昨日たくさんあったので、その続きで行きたいと思います。

仕上がったワンピース
CIMG2746.jpg


麻のシャツ仕上げ後
CIMG2747.jpg
こちらは一見ワイシャツに見えますが、生地が麻で通常の素材とは少し違います。
なので、ワイシャツの機械では掛けれないため、全行程手でアイロン掛けしました。

シミが付いた背広上
CIMG2748.jpg
インクのように見えたのですが、とりあえず蒸気だけでしみ抜きしてみました。

きれいに落ちました。
CIMG2749.jpg
するとなんと蒸気だけで落ちてくれました。
通常はインクのシミは落ちないのですが、落ちたということはそれじゃなかったのかなと思います。
しかしなにより、落ちてよかったです。
ここ以外にも、何か所か同じようなシミがありましたので、落としておきました。


帽子のアイロン前①
CIMG2750.jpg

帽子のアイロン前②
CIMG2751.jpg

完成
CIMG2752.jpg


完成②
CIMG2753.jpg
このようにきれいに仕上げました。
帽子は形が大事ですので、馬というアイロン台を使って立体的を意識しながら仕上げていきます。

たまに立体的にならないものなどがある場合は、糊を使って形を作ります。
そうすることによってきれいな形に仕上げれます。


水洗い直後のシャツ

CIMG2754.jpg
こちらは、オーダーメイドのシャツで、品質表示がなかったため、洗うのに迷いました。
シルクのようなレーヨンのようなといった感じです。
下手に洗ってしまうと後で、取り返しがつかないことになってしまいますので、慎重に行かなければなりません。
そうして洗った後の状態がこの写真です。
汚れもびっくりするくらいきれいにとれました。

洗い方としては、50度くらいの温水で、単体で中性洗剤で洗いました。
最も安全で、失敗のないようにとこうしました。

後は仕上げるだけなので、自然乾燥後その工程に行きます。

もう少々お待ちください。


本日はこの辺で終えたいと思います。

楽しんでいただけましたでしょうか?

ご意見とご感想のほどお待ちしています。

宜しくお願いします。



余談
最後に思わずウワ―と思ってしまう動画を載せて終わりにしたいと思います。下をクリックしてみてください。

思わずうわっと思ってしまう動画です。




渡邊隆徳





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング

7月3日 たくさんのクリーニングの話題です。


本日はこのように一日雨でした。
CIMG2729.jpg
なんだか雨だと気分がまったりしますね。

では早速ですが、クリーニングの話題に行きたいと思います。
本日は今までで一番の写真の量かもしれません。


アイロン前のジャケット

CIMG2730.jpg

完成
CIMG2731.jpg

思ったら・・
CIMG2732.jpg
実はこちらのジャケットは二度洗い目なのです。
しかし、またまたシミが見つかりました。
正直仕上げがだいたい終わった後にまた見つかったので、きつかったです。
しかし、もう一度しみ抜きして明日には仕上がりますのでご安心を。


礼服仕上げ前
CIMG2733.jpg

前身頃下部分にシミが
CIMG2734.jpg
このまましみ抜き工程に移りました。

しみ抜き後
CIMG2736.jpg
このように水の後が白く残っていますが、これは乾けば消えます。
無事おちて一安心です。



ではここからは本日仕上げたもの一気に完成の状態でみていただきたいと思います。
見ていただいているお客様のが出てくるかもしれませんので、その辺にも注目していただけるとありがたいです。



CIMG2737.jpg



CIMG2738.jpg


CIMG2739.jpg


CIMG2741.jpg

こんな感じで見ていただきました。


では最近シーズンなのか、ドレスがたくさん出ていますので、それをみていただきたいと思います。


仕上げ前
CIMG2743.jpg

仕上げ前②
CIMG2744.jpg
本日やりきれなかったので、仕上げ前になってしまいますが載せました。

続いてはその中から仕上げ前後のものを見ていただきます。

仕上げ前

CIMG2742.jpg

仕上げ後
CIMG2745.jpg


本日はこの辺にしたいと思います。
楽しんでいただけましたでしょうか?
このブログに関してでも、ひらいしやクリーニングに関してでもご要望などがありましたらメールフォームからどしどしお問い合わせください。

しっかり返答させていただきます。

宜しくお願いします。



渡邊隆徳





fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング



工場店入口マーク完成と毛布やカーテンのお話


工場店入口マーク完成しました。
CIMG2718.jpg
入口がわかりづらくなっていて、お客様が間違えてしまうことが多々あったので作りました。
これを見てすぐにわかっていただけると嬉しいです。


綿のコート仕上げ前
CIMG2719.jpg
これから仕上げ模様を見ていただきます。

裏地のアイロン前

CIMG2720.jpg
裏地も結構なしわなのがお分かり頂けると思います。

アイロン後
CIMG2721.jpg
手で直接掛けるアイロンだと裏地まできれいに伸びます。

完成
CIMG2722.jpg
全体の完成写真です。
綿は先日言ったように、クリーニング屋さんにより差が出るもんです。
大事なものなどは使い分けたり、出し比べてみると面白いかもしれません。


長襦袢のアイロン前
CIMG2723.jpg
長襦袢も当店は自家工場で全行程をクリーニングしています。
というのは、きものなどは専門店へ委託するクリーニング屋さんも中にはあるからです。

完成
CIMG2724.jpg
通常だとこのままたたむクリーニング屋さんが多いと思いますが、当店はこの状態で何日か置きます。
置くことによって、蒸気をとばして、完全に乾いた状態にするためです。
意外とこの工程をやらないで、そのままたたんでしまうと、中に湿気を含んでいるため、着るときにカビや汚れが出来てしまったりすることがあります。

気になる方は、クリーニング後に一度自宅で袋から出して、自然に何日か乾かすと大丈夫だと思いますよ。


本日もたくさんの毛布
CIMG2725.jpg
この時期は毛布や布団で、水洗い気がフル回転です。

毛布も湿気が大敵ですので、仕上がり後は中の湿気を取ることが大事になります。

クリーニングしたからと油断せずに、出来るだけ家では袋から出して、風通しが良いところに置くなり、たまには風に当てることが大事になります。


アコーディオンカーテン
CIMG2726.jpg
たまにこういったカーテンのクリーニングも出ます。
これからはもっと出てくる感じがします。

こういったものも当店は自家洗いしていますので、家で洗わずにおいてあるカーテンなどがあれば、ご相談だけでもしに来てみてください。

タバコを吸ってる家のカーテンは、洗うと水が真っ黒になるくらい汚れていることが多いですよ。

クリーニングすることにより、生地の硬直が溶けて、逆に長持ちしたり、衛生的にもいいのでお勧めですよ。


ではこの辺で本日は失礼します。

皆様、夏バテにはお気を付け下さい。



余談
日曜、入口駐車場のペンキ塗りをしていたのですが、塗って2分後に豪雨になり、これほど雨を憎んだ時はなかった経験をしました。
日頃の行いがよすぎる為、神様がバランスをとったのだろうと勝手に解釈したいと思います)^o^(







fひらいしや20年入り 


~お客様に快適と清潔と幸せな毎日を送ってもらう~

ひらいしやクリーニング




渡邊隆徳
ひらいしや直営店舗

工場直営店

【ひらいしやクリーニング 工場直営店】 
(住所)二本松市金色406-8
(℡)0243-23-2929
工場直営本店 地図
※尚、2018年10月より営業時間が年中9:00~18:00に変更になりました。お間違えの無いようよろしくお願いいたします。


20161129061857.jpg 
【ひらいしやクリーニング インターベニマル二本松店】 
(住所)二本松市成田1丁目180 インターベニマル二本松店内
(℡)0243-22-3454
ベニマル 地図




安達店  
【ひらいしやクリーニング 安達店】 
(住所)二本松市油井字中田26-3
(℡)0243-24-5538
安達店 地図





 
ひらいしや公式ホームページ
ひらいしやの宅配クリーニング
ネット全国対応
宅配クリーニング 商品